妊娠中・出産後のママたち「尿モレ」に悩んでいませんか?

妊娠出産をきっかけに起こってしまいがちな尿モレのトラブル。デリケートな問題ゆえ、誰にも相談できずに1人で悩みを抱え込んでいませんか?
なぜ産前・産後に尿モレが起こるのか、どう対応すればよいのか、正しく知ることで不安を解消しましょう。

先生のご紹介

独立行政法人 地域医療機能推進機構
船橋中央病院 産婦人科

永野 玲子先生

日本医科大学卒。日本医科大学付属病院、日本医科大学多摩永山病院で研修。東京都立墨東病院、日本医科大学千葉北総病院勤務を経て現職へ。
[学会認定医] 日本産科婦人科学会専門医、日本周産期新生児学会専門医(母体・胎児)、周産期(母体・胎児)指導医。

ドクターのコメント

妊娠の中後期から、出産後半年くらいまで、多くの女性が尿モレに悩まれています。
これは病気ではなく、赤ちゃんと子宮が大きくなるにつれて生じる「腹圧性尿失禁」と呼ばれる生理的な現象です。
とくに経産婦、高齢の妊産婦によく見られます。初めは驚かれるかもしれませんが、病院に行って治療する疾患というものではありません。
出産と尿モレは切っても切れない関係ですので、自然なことだと思って受け入れるしかないでしょうね。
ただし、産前の場合、尿モレと破水を間違えると大変なことになりますので、注意していただきたいです。尿モレは、くしゃみなどで腹圧がかかったときに反射的にチョロっと出るものですが、チョロチョロと漏れる感じがずっと続くような場合は、破水を疑い、すぐにかかりつけの産婦人科に連絡してください。