[基礎知識編] これから初潮(生理)を迎えるにあたって

はじめての生理

はじめて生理がくる年齢は平均的には12~13歳です。個人差が大きいので多少早くても遅くても心配はいりません。
身長は152㎝、体重は42kgぐらい。
これもあくまでも目安です。10歳を過ぎて身長が150㎝に近づいてきたらそろそろくる時期と、心がまえしておきましょう。

この頃になるとおりものというベタッとした粘液(ねんえき)が増えてきます。下着についてきたら、初潮が近づいてきたサインです。

肌質も変わってきます。脂っぽくなったり逆に乾燥してきたり、ニキビなどの肌トラブルもでやすくなるでしょう。人によっては髪質が変わることもあります。

また、頭が痛くなったり、微熱(びねつ)が続いたり、鼻血が出たりすることもあります。

はじめて生理がきたときは、下着にうっすら血がついたり、茶色っぽいものがついたりします。
けれど最初のときはたくさんの経血(けいけつ)が出ることは少ないので、あわてずにケアをしましょう。

お子さんが初潮を迎えるお母様へ

初潮のための準備をしましょう

思春期を感じはじめたら必要なものをお子さんと一緒に買いそろえておきましょう。
このとき将来の妊娠や出産、自己管理の大切さも早いうちから伝えて大人の女性になることへの心の準備も忘れずに。

準備しよう!

生理用ナプキン(昼用・夜用)

大きさも形もたくさんの
種類があります。
自分に合うものを選びましょう。

ナプキンを入れるポーチ

ナプキンを外に持ち運び
するためのポーチを準備。
その日に使用する枚数を
入れておきます。

生理用ショーツ2~3枚

ナプキンをつける部分に特殊な素材を使っているショーツ。
ムレにくくモレにくいように
できていて、
汚れも落ちやすい
ようになっています。

月経カレンダー手帳など

初潮から「月経カレンダー」をつけておきましょう。
生理のはじまった日と終わった日に
シールをつけるだけでもOK。
毎月つけておけば、
周期の確認ができて
体の変化もわかりやすくなります。

[実践編]生理用品の選び方