おむつの学校

Lesson10 おむつ替えがスムーズになるあて方のコツ

おむつの基本のつけ方は以前ご紹介しましたが、今回は応用編として、おむつ替えがよりスムーズに行える方法などを伝授します。
いろんなコツを覚えて、赤ちゃんに実践してみてください。

足まわりが細い赤ちゃんには
ハの字止め

足まわりが細い赤ちゃんは、足まわりとおむつの間に隙間ができてしまいがちです。そんなときは、お腹まわりでなく、足まわりに合わせておむつをつけ、テープをハの字になるように止めるのがいいでしょう。

背中からモレやすい赤ちゃんには
逆ハの字止め

生まれたばかりの小さな赤ちゃんには、新生児用のおむつでも大きいことがあり、お腹まわりに隙間ができやすく、背中からモレやすくなります。そんなときは、お腹まわりにフィットするよう、テープを逆ハの字になるように止めるのがいいでしょう。

テープタイプを2枚重ねで替えるテク

テープタイプのおむつを交換するとき、新しいおむつを広げた状態で、今つけている汚れたおむつの下に敷きます。
その後、おしりを拭いて汚れたおむつだけ引き抜きます。こうすることでおむつ替えの途中でおしっこやうんちをしてしまっても、新しいおむつがキャッチしてくれるので安心です。

パンツタイプを素早く替える
時短ワザ

パンツタイプを利用する月齢の赤ちゃんは動きも活発。おむつ替えのとき、汚れたおむつを外したとたん、お尻を出したまま逃げてしまう赤ちゃんもいます。
そんな赤ちゃんには、汚れたおむつを外す前に、新しいおむつをはかせておきましょう。
新しいおむつをもものあたりまではかせてから、汚れたおむつのサイドを破って引き抜き、新しいおむつをももから腰まで持ち上げます。
動き回る赤ちゃん相手に、少しでもスピーディに替えたいときに使える時短ワザです。