おむつの選び方・使い方

排泄後の処置の方法

大人用紙おむつのつけ方、で排泄ケアは終わりではありません。
きれいに洗浄し、快適に過ごしてもらいましょう。

具体的な処置の方法

排尿・排便後の紙おむつを交換するときには、ぬるめのお湯を用意して、ガーゼややわらかい布で、こすらないようにしながらふいて洗浄します。
洗浄した後は、乾いたタオルなどで水分をふきとります。
洗浄することで、ただれや感染防止になるだけでなく、気分も快適になります。肛門がただれているようなときは、ワセリンなどを塗ってあげましょう。

アテントでは、排泄ケアの場面で役立つおしりふきなどのウェットタオルをご用意しています。

トイレに流せるから簡単、においも気にならず衛生的に処理できるウェットタオル

身の回りなどにも幅広く使えるウェットタオル

30cm×30cmの大判サイズのシートで、両手でしっかり体をふけるウェットタオル

電子レンジやホットキャビンでの温めが可能な超大判ウェットタオル

排泄の記録をとりましょう

尿や便の回数・量・状態を観察し、記録しておきましょう(排泄記録表をつけてみましょう)。心配な変化があるときは、専門家に相談しましょう。

汚物は、観察したあと手早く処理し、部屋は換気して、臭気が残らないようにしておきましょう。

排泄のニオイを緩和する方法

排泄につきものの「ニオイ」には、アテントの消臭効果つき紙おむつをご利用ください。

ほかにも、

  • 尿器の中に入れておき、尿を固め、においも防ぐ薬剤
  • 消臭剤スプレー
  • ポプリ、脱臭剤

など、さまざまなものが市販されています。

また、少々高価にはなりますが、換気扇や空気清浄機を取り付けるのも効果的です。

まだまだ続きます。次は「大人用紙おむつの交換頻度について」です。